オープンソースコミュニティをみんなでサポートしましょう

この数週間、世界中で起きているカンファレンスやイベントのキャンセルは、オープンソースコミュニティに多大な影響を及ぼしています。FOSS をサポートするエコシステムの中で、これらのイベントは重要な役割を担っており、このエコシステムの健全性を維持するために、私たちが今行動を起こすことが必要です。

今こそ支援が求められる理由

カンファレンスやイベントは、オープンソースコミュニティに次のような機会を提供する大切な場となっています。

  • 活動の取りまとめ
  • 資金の調達
  • ユーザー基盤の拡大
  • 相互サポート
  • 技術の普及
  • 新規コントリビューターの育成と講習会
  • 新作のリリース
  • 知識の共有

オープンソースイベントの運営には、多くの時間や労力、資金が必要であり、イベントのキャンセルは主催者側にとって重い負担となります。イベントの継続やオープンソースコミュニティの存続と発展のためには、FOSS ユーザー全員が行動を起こさなければなりません。

FOSS Responders

業界から一同に集結したオープンソースコミュニティのリーダーたちは、FOSS Responders と呼ばれるワーキンググループを結成しました。 最もサポートを必要としているオープンソースのイベントやコミュニティ、財団、コミュニティのメンバーを特定するのが主な活動内容で、イベントのキャンセル料の負担が難しい個人のサポートもしていく予定です。コミュニティが今必要としている支援内容を広く取りまとめ、組織や個人のリソースを動員してサポートすることが活動の目的です。

ワーキンググループの参加メンバーは、IndeedGitLabOpen CollectiveSustain コミュニティ、Drupal Association などの業界の専門家で構成されています。ワーキンググループへの参加方法を含む詳細は fossresponders.com をご覧ください。

バーチャルファンディングイベント

Indeed と Open Collective は、2020年5月22日にバーチャルファンディングイベントを共催し、イベントのキャンセルによって損失が出ているカンファレンス主催者の資金調達を行います。また、同業者にも、FOSS Funders としてこのイベントに参加するよう呼びかけています。

知識の共有、意思決定の連携、協働による対応策の調整を一丸となって行うことで、オープンソースイベントを今後も継続して開催し、コミュニティをサポートすることが可能になります。このイベントに関する詳細は、 こちらを参照してください。

あなたにできること

できる支援の範囲やニーズに関わらず、今こそ行動すべき時です。今すぐ取れる具体的な行動例には次のようなものがあります。

支援する場合

今こそ、恩恵を得てきたプロジェクトを支援しましょう。次の方法で、オープンソースの将来的なインフラ投資に備え、恩恵を受けてきたソフトウェアを開発した何百万人もの人々を支援できます。

  • 自分のプロジェクトをサポートしてくれている財団への寄付や有料メンバーシップの登録
  • GitHub Sponsors や Open Collective から、自分が使っているプロジェクトの作成者への寄付
  • FOSS Responders Open Collective へ寄付し、支援が行き届かない可能性がある個人エンジニアへの資金調達をサポート

支援を受ける場合

FOSS Responders 上で、支援が必要な人々や希望する支援内容などの情報を取りまとめています。あなたの希望の内容を共有することで、多くの支援者とつながることが可能になります。

  • カンファレンス関連のキャンセル料の支払いにおいて支援を必要としている個人の方は、FOSS Responders Individual Request に記入してください。
  • キャンセルを余儀なくされた結果、資金援助が必要となったイベントの主催者は、EVENT issue を参照してください。
  • その他の支援については、ORGANIZE issue を参照してください

参加するには

FOSS Responders のグループは急成長しており、あなたのサポートを必要としています。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on LinkedInShare on RedditEmail this to someone